愛知県碧南市で就業規則の作成、労働保険・社会保険手続き、助成金申請など社労士業務でお困りの方、社会保険労務士法人feliciaにお任せください

  • 0566-93-19200566-93-1920
  • お問い合わせ

顧問契約とは?

顧問契約とは?

顧問契約とは、社会保険労務士に業務を委託する場合の契約形態のひとつです。
具体的には、毎月一定の顧問料で、労働保険・社会保険手続をはじめ、労務管理の相談相談や情報提供等を含めて継続的に契約する方法です。
貴社の人事・労務に関する諸手続・諸問題に的確に対応します。料金的にもその都度、スポットでご依頼いただくよりお得です。

顧問契約をすることでのメリット

顧問契約をするメリット
手続きが簡単になる
社会保険関連の手続きは、予想以上に多いことをご存知でしょうか?
新規採用・退職・給与・社会保険など、人が動くたびに、会社は、手続きをしないといけません。そんな手続きを顧問契約をして頂くことで、まとめて解消して頂けます。
法律改正に対応できる
労働・社会保険関係諸法令は、社会の変化に合わせてたびたび法改正が行われています。
これらは複雑で、改正の情報についていけなかったり、改正自体は知っ ていてもどう対応したらいいか分からなかったりするケースがよく見られます。
それらの法改正情報をタイムリーにお知らせしますので、スピーディな対応が可能です。
行政への手続き、助成金の申請の提案
労働基準法・健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険関係の手続きだけではなく、年間を通した経営者の方との情報共有の中で適切な助成金受給の提案を致します。受給要件が揃っているのに申請手続きをされていない企業様が過半数を占めています。
窓口の一本化による効率アップ
労働・社会保険の手続きや相談窓口を一本化することで、事務効率が格段と向上します。人事・労務問題は「人」が絡む問題だけに、その初動での対応が非常に大切になります。忙しい経営者や人事・総務部責任者も、いざ問題が起きたときどこに相談すればよいのかもう悩む必要はありません。
連続した処理に対応
会社を運営している限り、新規採用したり、退職があったり、「人事労務管理」と言うのはつき物です。その度に作業が発生します。
もちろん、事件が起こった時に連絡いただき、必要なときのみ相談させて頂くパターンもございます。しかし、労務管理は、会社の状況にあわせた対応をすることになります。そのとき、「前回の資料」「前々回の資料」を参照することが出来るのも顧問契約のメリットです。
人材確保のサポート
どの企業も、募集、面接、採用、入社後の教育等にあまり力を入れていないようです。
そのため、すぐに辞められてしまい、また募集、面接・・・の繰り返し。
さらに、せっかく採用した人材を活かすための人事評価制度や賃金制度などの組織活性化策もありません。このようなニーズにお応えできるのが、顧問社労士です。

顧問契約に含まれる業務内容

顧問契約は、通常、必要となってくる次の業務を含んだ契約となっておりますので、貴社は安心して本業に専念していただけます。

手続き業務
  • 労働者の入退社手続き(労働保険・社会保険)
  • 労働保険料申告手続き(毎年6月1日から7月10日まで)
  • 社会保険料算定基礎届(毎年7月1日から7月10日まで)
  • 社会保険料月額変更手続き(随時)
  • 労働災害時の給付申請手続き
  • その他労働基準監督署、ハローワーク、年金事務所に関する手続き全般
相談業務
  • 労働保険、社会保険手続に関する相談
  • 労働条件に関する相談
  • 助成金の活用提案・相談
  • 労使トラブルに関する相談
  • その他、労働保険、社会保険に関する相談全般